石鹸と界面活性剤



界面活性剤とは、簡単に言うと、なじまないものをなじませる物質です。

皮膚の汚れや余分な皮脂は水となじみにくいので、界面活性剤の分子が汚れや余分な皮脂となじみやすい親油基で汚れを包み、水のほうには水となじみやすい親油基を送ります。

そして、皮膚の汚れや皮脂の間に浸透して界面活性剤の分子で被ってしまうのです。

すると、その表面は水となじみやすくなるので、しだいに皮膚の表面から離れていきます。

一度皮膚から離れた汚れは再び皮膚に付着することはないので、洗い流せば汚れが落とせるのです。

けれども、汚れ落としだけが洗顔の目的ではありません。

皮膚のキメを整え、美肌になるためにも、洗顔は必要です。

→NEXT:美肌☆スキンケア−皮脂の役割
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。