石鹸は何でもいいの?



健康な肌と美肌に必要な皮脂の分泌を正常に整えるには、お肌の血行をよくして新陳代謝を正常にしたり、バランスの良い食事をとったりという、体の中のケアが重要になってきます。

体のケアがスキンケアにつながるということですね。

しかし、いくら皮脂の分泌を正常に整えても、せっかく適度に分泌された皮脂を、過剰に洗い流してしまっては何の意味もありません。

皮膚の汚れは洗い流す必要があるけれども、お肌を守るバリアーの膜まで壊してしまうようなものは、かえって逆効果なのです。

洗浄力は強力だけれど、皮脂を溶かし、角質層を壊すような合成界面活性剤入りの洗顔フォームはお肌の大敵です。

ここで適度に余分な皮脂を落とし、皮膚の表面を守る大事な皮脂は残すという、石鹸の利点を見直してください。

ただ、石鹸なら何でもいいかというと、そうではありません。

見かけは同じ固形石鹸でも、合成界面活性剤を配合した「複合石鹸」でもあるからです。

それでは、石鹸はどう見分けるのしょうか?

→NEXT:美肌☆スキンケア−純石鹸を選ぼう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。