添加物の入った石鹸に要注意



スキンケア美肌のために、お肌によい成分を無理矢理浸透させるには、合成界面活性剤を配合するほかありません。

ですから、たとえ「天然成分」と銘打っていても、添加物の入った石鹸は要注意です。

天然の成分が浸透しないだけならまだしも、合成界面活性剤の毒性まで被ってしまうことになります。

無添加の石鹸がいい理由は他にもあります。

無添加の石鹸というのは当然ながらアルカリ性です。

このアルカリ成分が、皮膚の活性化には必要なのです。

お肌は弱酸性であることから、石鹸もお肌と同じ弱酸性のものがいいという説がありますが、これは大きな間違いで、石鹸で洗うことによって、石鹸のアルカリ成分が皮膚表皮の表面の角質層の角質を溶かして薄くします。

すると、表皮の内部ではその分を補充しようとする作用が働きます。

こうして、お肌の新陳代謝が活発になり、古い角質を落として新たな角質が作られていきます。

そして、石鹸がアルカリ性でも、洗い終わったあとには弱酸性の皮脂が出て、残ったアルカリ分を中和してくれますから、お肌には何の問題もないのです。

それをわざわざ弱酸性にして、「弱酸性石鹸」などと敢えて謳っているということは、やはり何らかの添加物が入っているということに他なりません。

そういう場合の添加物といえば、合成界面活性剤と相場は決まっているのです。

→NEXT:美肌☆スキンケア−石鹸の香料・着色料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。